花粉症の治療薬のなかでもアレグラは、特に効果的な治療薬として定評があります。

一日二度の服用で鼻水、くしゃみ、頭が重いといった花粉症の主な症状を改善してくれます。

アレグラが登場するまでも花粉症に効く薬は数多くありました。しかし、そのほとんどが日に3回の服用、副作用で強烈な眠気に悩されるものでした。これまでの薬の場合、三度の服薬が容易でなく、眠気と戦わなければならない点に会社員や学生は苦しめられていました。しかし、アレグラの誕生によって、自身の花粉症の症状によく効くだけではなく、副作用に苦しむ事がなくなりました。アレグラは副作用を気にせず、効果だけを感じる事が出来る薬なのです。
また、アレグラは花粉症のシーズンがスタートする前から予防のために服用することで、より大きな効果を発揮します。早くから飲み始めていると本格的なシーズンになった時には体がアレルギーに負けない状態になっているため、花粉症の症状で苦しむことを軽減できるのです。飲み始めが早ければ早いほど花粉症によく効きます。

花粉症の症状には目のかゆみや皮膚のかゆみや炎症といったものもあります。アレグラはこのような症状であっても効果的な結果をもたらし、多くの患者に安心感をもたらしました。
この薬は長期間にわたって苦しんできた花粉症の症状を緩和してくれるだけではなく、自身の中にあった心の不安や悩みをも和らげました。

薬局の花粉症の薬はあまり効かない?

花粉症は主にスギ花粉やヒノキ花粉がアレルゲンとなって引き起こされるアレルギー性疾患であり、症状としては鼻炎、結膜炎などが生じます。他にも、ブタクサ花粉やカモガヤ花粉によっても引き起こされます。日本にはスギやヒノキが多く存在しており、花粉症は日本人にとって国民病とまでなっています。
花粉症は段階を踏んで発症します。まず花粉が体内に入って異物と認識された時、マクロファージなどの抗原提示細胞によってヘルパーT細胞へと抗原断片が抗原提示されます。
そしてその抗原断片を元にその抗原を認識するIgE抗体が生産されます。
このIgE抗体は肥満細胞の表面に無数に並ぶように付着します。そして再び抗原の花粉が体内に入った時、この肥満細胞表面のIgEに花粉が付着します。

複数のIgEに1つの花粉が付着し、抗体同士が架橋されると、肥満細胞が活性化し、細胞内の顆粒を脱顆粒します。
この顆粒内にはケミカルメディエーターと呼ばれるアレルギー症状を引き起こす物質を血中に放出します。
このケミカルメディエーターの中でも主にヒスタミンという物質がその受容体であるヒスタミン受容体に結合することで花粉症の症状を引き起こします。

アレグラはこのヒスタミンの受容体への結合を阻害する薬です。アレグラ以外の花粉症治療薬も大半はヒスタミンの受容体への結合を阻害する薬です。
ただ薬局で売られているアレグラなどの花粉症治療薬ではなかなか効果が出ない場合もあります。この場合は病院での治療が有効です。
病院の治療薬ではステロイドでより強力にアレルギー反応を抑えることができます。
セレスタミンなどの飲み薬もありますが、点鼻薬や目薬など局所的に作用するステロイドの薬もあるため、全身的な副作用に抵抗がある方も安心して使用することができるようになっています。

日本の薬より海外製の薬の方がよく効く理由

インターネットの発達によって、私たちは以前にも増して欧米の企業の製品を目にする機会が増えました。
かつてはほんの一部でしか買えなかった欧米の食料品や医薬品、そして家電製品やソフトウェアですが、現在ではネット通販サイトを通じて、簡単に購入することが出来ます。
特に個人輸入代行サービスが発展してきた結果、今までは改善不可能とされた薄毛や男性機能の低下、深刻な花粉症などに対する海外製の医薬品で、たちまち解消出来るようになりました。
日本製の医薬品と米国製のアレグラ、より良い効果があるの後者です。

日本では国民の健康を守るため非常に厳しいお薬の承認基準があります。
無論、危険な医薬品やリスクが大きすぎる治療薬が市場に出回らないための大事なルールですが、
その一方で海外ではごく普通に副作用もなく、服用出来る花粉症治療薬が、普及しない等、デメリットも見られます。
また前例がない事を非常に避けるお役所仕事の難点もあり、海外では安全性と強力な効果が認められている成分が、
日本のお薬では実質的に利用出来ない実態もあります。

対して米国製のアレグラはそういった制限がなく、大人の事情に縛られる難点がありません。
服用後、スピーディに体調不良が改善出来る即効性と副作用のリスクが軽度、アレグラは海外製医薬品として、大きな2つのメリットを持っています。
特に2つ目の副作用の発生確率が低い点を意外に思われる方は多いかもしれません。
米国製の医薬品は俯瞰して見れば、頭痛やめまい等の副作用が激しいものがあります。
ただし、花粉症治療薬のアレグラは他社のお薬にある喉の渇きや眠気の増加、あくびの頻発などのリスクがとても小さいです。
服用者によってはほとんどリスクがなく、メリットである強力な鼻づまりや鼻水対策効果だけを得られます。