アレルギーによる子どもへの影響はあるのか

親のアレルギーは子どもへ影響するのでしょうか。

両親にアレルギーを持つ人がいれば、遺伝も多少はするだろうと最近は言われています。
原因物質も卵や牛乳などから、海老やカニなどの甲殻類が全く駄目という場合もあります。
親のアレルギーが子どもに遺伝しているかどうかは、日々の生活の中で意識してみるようにしてください。そして、もしアレルギーがあった場合は、どんな対策をしていくのか良く考えてみて下さい。特に赤ちゃんでも消化力が弱いために起こりやすいとも言われています。成長をしていく過程で体の機能が発達していけば、自然と治る場合もあります。

アレルギーにはなりたくないと思っていても、いつ何時発症するかは誰にも分かりません。春が近づく頃になれば花粉が飛び回って花粉症に悩む人も少しずつ増えてきているのですが、これもアレルギーの症状の一つなのです。家族に何らかのアレルギーに悩む人がいれば、もしかすると子供にもなりやすいかもしれないと思っていてもいいでしょう。

症状として起こりやすいのは、くしゃみや鼻水、鼻づまり、そして目のかゆみや皮膚のかゆみや乾燥などです。酷くなってくるとせきやヒューヒューと言うような呼吸にもなりますし、腹痛や嘔吐なども出てきたりすることがあります。あまりに症状が酷い場合や長く続くような時にはアレルギーを疑い、早めに病院へ行くようにしましょう。病院で診てもらうことで、アレルゲンが何なのか、そして症状を和らげるための薬の処方なども行われます。しっかりと話を良く聞いて、アレルゲンの除去などに努めていきましょう。掃除をしてチリや埃のない清潔な環境作りをしたり、食事でも原因物質の除去に励むなどを工夫する事になります。子供がアレルギーになると本当に大変です。親子で努力して、子供をサポートしながら治療を進めていきましょう。