注意すべきアレグラの2種類の購入方法とは

抗アレルギー薬として有名なアレグラですが、どこで手に入れるかによって気を付けたいポイントがあります。

アレグラには、病院から処方されるタイプと、市販薬が存在し、タイプに応じて適用疾患が異なります。
市販薬のアレグラは、アレルギー専用の鼻炎薬という扱いです。
一方、処方されるタイプは、蕁麻疹やアトピーを治療するために用いられることもあります。
さらに、喘息を予防する効果もあるので、命にかかわるような症状の悪化を防ぐことができます。
市販薬のアレグラは、アレルギー専用なので、皮膚疾患といった症状に対し、効果が発揮することはありません。
市販薬は、あくまでも、ハウスダストや花粉症といった事が要因となり生じる、アレルギー性鼻炎に適した薬というわけです。
また、服用が許されている年齢も異なります。
市販されているアレグラは、対象年齢が15歳以上と定められているので、小さなお子さんは使用できません。
第一類医薬品に指定されており、副作用の恐れが高いことから、対象年齢が15歳以上に定められています。
15歳未満でも使用できる製品は、存在しません。
ところが、医療機関から配布されるアレグラは、12歳以上が対象とされています。
そのため、小さなお子さんでも服用でき、症状の緩和に繋げることができます。
病院の場合、15歳未満の方に処方する時には、アレグラの錠剤を半分にしたものが処方されます。
子どもに対してはこのような事情から、間違った飲ませ方をしないように注意してください。
けっして、素人がドラッグストアで手に入れられるアレグラを半分にして、子供に飲用させることを行ってはいけません。
大人であれば、ドラッグストアで手に入れられるアレグラを飲用する際に、不安に感じる点は無いものの、子供に飲ませる時には、念のため病院から配布された物を利用するようにしてください。
薬局で手に入れる時は、必ず薬剤師に相談することも忘れないようにしてください。