蜂蜜やぶどうでアレルギーを発症したときはアレグラ

食品のアレルギーは、すべて把握しきるというのは意外と難しいものです。

例えば、蜂蜜アレルギーというのがありますが、単純に蜂蜜を避けるのは比較的容易ですが、蜂蜜は美容効果もあることから、化粧品やシャンプーなどに含まれていることもあるのです。
しかし蜂蜜アレルギーを持つ人がそれを使うと、口の周りや頭皮が腫れたり、蕁麻疹が出来てかゆくなることもありますので、成分表の確認が大事なのです。

また、蜂蜜に含まれる花粉の中には、そば花粉が含まれていたりしますから、そばアレルギーのある人が使うと、さまざまなアレルギー症状に悩まされることになります。
蜂蜜が料理に隠し味で使われていたりすると、ついうっかり口にすることもあるので、そんなときはアレグラという薬を飲めば、辛い症状を抑えることが出来ます。

ぶどうにアレルギーがある人は、果実以外にも、キャンディーやグミなどのお菓子は避けるようにしたいです。
ぶどうに対して食品アレルギーを持つ人は、シラカバやハンノキの花粉症にも悩まされていることが多いようです。
ぶどう以外にも、桃や梨、りんご、さくらんぼなどのバラ科の果物を食べたときに、アレルギー反応が起きることがありますが、これはシラカバやハンノキの花粉に類似したタンパク質を含んでいるからです。
ゆえにぶどうにアレルギーを持つ人は、バラ科の果物を食べるときには十分注意するようにしたいですが、ケーキやお菓子などに入っていて、もし知らずに食べてしまったら、アレグラで対処するようにしましょう。
アレグラは食品アレルギーを始め、花粉やハウスダスト、金属アレルギーにも効果のある薬なので、急に蕁麻疹が出来たり、腹痛や吐き気などの症状が起こったら、すぐに飲んで治すようにしてください。